• ホーム
  • ドメインとサーバーの定期更新を忘れずに!

ドメインとサーバーの定期更新を忘れずに!

独自ドメインで運用をしているのであれば、ドメインとサーバーの定期更新を忘れないようにしてください。ドメインとサーバーの契約の更新を怠ってしまうと、サービスを継続利用することが出来なくなり、しまいには解約させられて、サービスを廃止せざるを得なくなります。

ドメインであれば、ドメイン管理事業者に登録する段階で、1年から10年分の利用料を支払っています。例えばその時に10年分払っているならば、10年間の有効期限があるということです。各ドメイン管理事業者では有効期限の1か月前ぐらいからメールにて契約更新のお知らせを送付しますので、その案内が来た段階で継続利用をするのであれば、更新料を支払うべきです。

レンタルサーバーにおいても、1年から複数年の契約になっていることがほとんどですので、有効期限間際になったらメールにて契約更新の連絡があるはずです。契約更新の連絡が来た段階で、こちらも更新料を支払って継続利用をするのかどうかを決めてください。ドメインもサーバーも有効期限切れになったら即解約になるのかというと、実際にはそういう訳ではありません。すぐに解約になるわけでは無く、一定期間の猶予期間が設定されていますので、そこで更新料を支払えば、継続して利用することが可能です。猶予期間は会社によってまちまちですので、有効期限が過ぎた場合でも、猶予期間内に更新するようにしましょう。猶予期間内に更新できなかった場合は、サーバー内のデータが消えて、サービスを廃止せざるを得なくなりますので、注意するようにしてください。

自分たちが使っているプランの有効期限をそもそも把握しておくことが大事になりますが、万が一有効期限切れになることを防ぐための方法を知っておくことも大事です。ドメインやサーバーの契約を自動更新するように設定しておくというのが一番手っ取り早いです。自分たちで定期更新するのではなく、自動更新するように設定しておくというのがポイントになります。1年単位で更新をするのであれば分かりやすいですが、複数年単位で更新を行うプランに契約をしているのであれば、いつ契約が切れるのか分かりにくいです。特にドメインとサーバーの契約年数が違っているのであれば、なおさら分かりにくくなります。更新期限が近づいてくると、メールにて重要なお知らせが来るでしょうから、それを見落とさないようにきちんと重要メールに振り分けて確認するということです。メールの見落としが無いように注意するということです。