• ホーム
  • ハズレの中古ドメインってどんなもの?

ハズレの中古ドメインってどんなもの?

パソコンを操作する男性

中古ドメインを導入する時には、残念ながらハズレを引くというリスクがあります。ハズレを引いてしまった場合には、いくらSEO対策をしたとしても、マイナスから始まっていますので、対策の意味がないことになるでしょう。事実上の失敗に該当しますので、初心者の場合は選定する時にハズレを引いてしまわないように気を付けてください。

具体的なハズレの中古ドメインとはどういうものなのかというと、いかがわしいジャンルで使用されたものになります。ギャンブルやアダルトなどのジャンルで使用されたものは特に、ペナルティを受けることがありますので、最終的には評価が下がります。ギャンブルやアダルトで使用されたものというのは、検索エンジンのほうで好ましくないサイトとしてアルゴリズムが評価しますので、そのまま使っていても上位表示をすることはありません。続いて、スパムサイトを運営した履歴がある中古ドメインも、検索エンジンに評価されることは無いです。

高評価を受けるために被リンクを集めるのは重要なことですが、これは自然で優良な被リンクでなければいけません。意味のないサイトからの被リンクはスパムサイトだと認識されて、悪い評価をもらうことになります。スパムサイトの形跡があった中古ドメインは、よい評価をもらうということは無く、悪質なサイトとして評価をもらうということです。悪質なサイトと認識されたのであれば、いくらSEO対策をしたとしても意味がありません。

最近のドメインはいろいろな国の言語のものが存在します。日本語のドメインもありますので効果的に使えればよいですが、多くの場合は英語のドメインを使用することが多いです。海外対応を意識するのであれば英語のドメインで十分ですが、中にはロシア語や中国語のドメインを取得しようとする人もいます。正直言って、ロシア語や中国語のドメインは質が悪いということが言われており、日本人がわざわざこれらの言語のドメインを使う必要はないと言えます。ロシア語や中国語のものを選定するだけで、マイナス評価を受ける可能性がありますので、海外展開する際には注意してください。

以上見てきましたが、初心者であればなるべく上記のようなハズレの中古ドメインを選定しないようにするべきです。そもそもの話、ペナルティを受けるリスクがありますので、わざわざそういうものを選ぶ必要はありません。選ぶ時に失敗しないように、ツールなどでよく確認したうえで、中古ドメインを決めるべきです。