• ホーム
  • 中古ドメインと新規ドメインの違いは何?

中古ドメインと新規ドメインの違いは何?

パソコンを使用している男性

新しいサイトを利用する時にドメインが必要になります。その際に、新規ドメインにするのか、中古ドメインにするのかを検討するのではないでしょうか。どちらにしてもメリットとデメリットの双方がありますので、特にデメリットを許容できるのかどうかという観点で選んだほうが後悔しない可能性が高いです。

中古ドメインのメリットはこれまでの運用期間があり、ドメインパワーが残っている状態から始めることが出来るということです。ドメインエイジが長ければ長いほど、インデックス速度が速く、有利になるということが言われています。ドメインパワーが良好であれば、プラスな状態から始めることが出来ますので、SEO的にもメリットが大きいです。検索エンジンに評価されるまでの時間を短縮したいのであれば、中古ドメインが有効になります。

中古ドメインのデメリットとして該当するのが、悪いサイトでの運用期間がある場合に、マイナスな状態からスタートするということです。いくらドメインエイジが長かったとしても、アダルトサイトや違法サイトの運用期間が長い場合には、全然プラスにはなりません。マイナスからスタートすることを回避するためには、過去の運用状況などを確認するツールを使ったりするなどして、変な中古ドメインを選ばないようにするしかありません。

新規ドメインのメリットとして挙げられるのが、自分のブランドイメージにあった文字列のドメインを選択することが出来るということです。ドメインに指定する文字列に並々ならぬこだわりを見せるのであれば、新規ドメインを取得するしかありません。一から運営することになりますので、検索エンジンに評価を受けるまでは時間がかかりますが、ペナルティを受けているわけでは有りませんので、まっさらな状態から運用を行うことが可能です。

新規ドメインのデメリットに該当するのが、インデックス速度に時間がかかるということです。インデックス速度に時間がかかるが故に、最初のうちはなかなか検索エンジンで上位表示することは無いということです。新規ドメインでそのままSEO対策をしても結果が出ませんので、中古ドメインと併せた形で利用するのがよいでしょう。最終的には中古ドメインからリダイレクトする形で、新規ドメインに向けるというのが望ましいです。中古ドメインのドメインパワーを新規ドメインに送るために301リダイレクトを行います。このことにより、いち早くSEO効果を出すことが出来ます。